気虚タイプ(気の不足)

気はエネルギー、血を身体に留め、漏れ出さないように守る働きを担っています。

身体の気が不足すると、この統摂作用が弱くてなり、月経が早まるの要因になります。

気になる症状:

息切れ、風邪を引きやすい、汗が多い、披露倦怠感、食欲不振、軟便、痩せ、冷え、

舌の色々が淡い、舌に歯痕が残る。

養生:

基本は気を生む源となる胃脾の働きを整えること。日頃からしっかり栄養を摂取取って、

不足しがちな気を養いましょう。

おすすめの食材:

米     牛乳    大豆製品       インゲン豆

豚肉          鶏肉         太刀鱼            かつお

芋類     キノコ類     棗        りんご  など

良く使われている漢方:
◻️補中益湯 

◻️健脾散

◻️婦宝当帰膠

などなど

貧血や無排卵に気をつけて

月経が早まって、回数が増えると月経先期になります。また経血量が多いと月経過多。

いずれも出血の量が多くなるため、貧血を起こしやすくなります。

また、月経周期が早まると、卵子が成熟せずに排卵されたり、また無排卵月経になったりすることも。

こういた症状は不妊につながる心配もあるので、早めに改善することが大切です。

その他、月経期間外にもダラダラと出血が続く“不正出血”の症状が現れることもあります。

その原因は中医学の観点から考えると以下の四つの原因があるかと思います。

🔹気虚タイプ(気の不足)

🔹腎虚タイプ(腎の虚弱)

🔹瘀血タイプ(血行不良)

🔹肝鬱(ストレス)

今後はこの四つのタイプを詳しく述べていきます。

スタッフ募集中

先日ホームページに採用情報を載せました。
🔶女性の方

🔶東洋医学、漢方薬の知識がある方

🔶中医薬をもっと深めて行きたい方

🔶やる気や情熱がある方

🔶漢方相談のサポート出来る方

ご興味ある方は、詳しくは本院のホームペイジの

採用情報のコーナーをご覧ください。

体外受精5回にても授からず、鍼灸と漢方でご懐妊

鍼灸を始めてからは体外受精の1回目は思う通りに行きませんでしたが、諦めずに鍼灸と漢方の

二本柱でしっかり身体を整えて、手や足指の冷えや生理痛の緩和、経血の変化など⋯、身体の体質改善が

見られた頃に、2回目のIVFを行われ、今度はうまく行きおめでたく授かりました。

週に2回程安胎、安産治療を受けて頂いております。

今は妊娠12週を過ぎたところで、つわりも軽くなって、穏やかなマタニティライフを楽しくて送って欲しいです。