春は「肝」を伸び伸びをさせましょう

新しい命が芽吹き、世の中は明るい雰囲気に包まれる季節なのに、

なぜかどんよりと気持ちがふさいでしまう。

憂うつ感、倦怠感、イライラ、緊張による腹痛や下痢、便秘になりがちなど、

放っておくとそとに出るのが億劫になり、引きこもりになってしまう・・・・

そんな危険性を秘めてます。

貝類や高たんばく質のもので《肝》に栄養を補給し、香味野菜で“気”のめぐり

を高めましょう。

おすすめ食材:

あさり、ハマグリ、しじみなどの貝類やレバー、ほうれん草、プルーン、

なつめなど血液を養うもの、ハーブ類を積極的に取り入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です