出産前のご挨拶

今日はおふたり方が安産の鍼灸治療を最後となりました。

お一人は卵管閉塞の為鍼灸や漢方で体調を整えてながら、体外受精に臨みました、一回目の初期胚の移植は上手くいきませんでしたが、

次の採卵で何んと成熟卵を取れて胚盤胞になり、移植したところで上手く着床し、その後は安胎、安産治療をして、胎児の育ちがとても良く、

お腹の張りも無く今日までに来られました、里帰り出産の為、今日は32週で最後となりました。

もう一人の方が41歳という高齢で、何度も体外受精や顕微受精を繰り返し中で、なかなか良い結果が出ない状況で、本当に鍼灸の力を信じて

くださって、本当にコツコツと通われて、漢方薬も真面目に飲んでくださいました。その努力を報われましたかのように、最後はうちの鍼灸院で“自然妊娠”

“自然妊娠”が出来ました!そんな彼女は安胎、安産治療の継続し、今日は40週2日で赤ちゃんの体重は3750g、最後となりました、ご主人様もご挨拶に来てくださいました。

本当に感無量・・・、本当にこの仕事をやっていて良かったと思った瞬間・・・・

お二人様、元気な赤ちゃんを産んでくださいね!

またいつか赤ちゃんのお写真を拝見させてくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です