禁欲期間が長いと精子の質が下がる

禁欲期間と精子の質、妊娠への影響に関して、

昨年ヨーロッパで行われた生殖医学会での演題が発表されました。

2015年〜2016年にかけて約900人の方に検証しました。

禁欲期間が長くなると

・精子量が上昇

・精子濃度が上昇

・総運動率は上がります。

一方で、精子DNAのフラグメンテーションが上昇し、受精率が低下し、

胚盤胞到達率も低くなります。

結論:

禁欲期間が長い事は妊娠に対して負の影響を与える事が分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です