一般治療

  • 当院では様々な病気や症状に対応しています。
    日本の厚生労働省にあたるアメリカの国立衛生研究所(NIH)は、鍼灸療法の各種の病気に対する効果と科学的根拠、西洋医学の代替療法として効果について有効であると発表しました。
    また、WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた適応疾患リストの一部を紹介します。

WHO(世界保健機構)の鍼灸適応疾患リスト

  • 内科系疾患
  • 呼吸器系 
    気管支炎、気管支喘息(ぜんそく)、風邪(かぜ)、咽頭炎、扁桃腺炎、咳(せき)・痰、声のかすれ
  • 消化器系 
    急慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、下痢、便秘、潰瘍性腸症候群、胃酸過多症、胆石症、口内炎、口角炎、下痢、便秘、痔
  • 循環器系 
    高血圧症,低血圧症、動悸、不整脈、狭心症、動脈硬化症、むくみ、冷え性
  • 泌尿器系疾患
    膀胱炎、尿道炎、頻尿、前立腺肥大、頻尿、遺尿、慢性腎炎、ネフローゼ、腎機能障害,性機能障害、陰萎
  • 内分泌代謝系 
    糖尿病(食事運動療法との併用が不可欠)甲状線機能亢進、低下症、痛風、貧血症
  • 心療内科疾患
  • 自律神経失調症、不眠症、うつ病,ノイローゼ、パニック障害、心身症、心臓神経症、
    過敏性大腸炎円形脱毛症

  • 婦人科疾患(鍼灸は産婦人科系疾患に効果絶大)
    冷え症、生理不順(月経不順)、生理痛(月経痛)、無月経、子宮筋腫、子宮内膜症,
    女性不妊症、男性不妊症、逆子、更年期障害、つわり、流産、乳腺炎
  • 小児科系疾患
    小児ぜんそく、夜泣き、疳の虫(かんの虫)、消化不良、夜尿症、虚弱体質改善、扁桃腺炎、中耳炎、アトピー性皮膚炎、慢性鼻炎、咳
  • 運動器系疾患
    肩こり,五十肩、腰痛、ぎっくり腰,関節痛、頸肩腕症候群、むち打ち症、リウマチ、関節炎、捻挫、筋肉疲労、顔面神経麻痺
  • 耳鼻咽喉科系疾患
    鼻炎(アレルギー性鼻炎、花粉症)
    慢性副鼻腔炎、耳鳴り、難聴、扁桃腺炎、喉頭炎、メニエール症候群 、味覚・嗅覚障害
  • 神経系疾患
    頭痛(片頭痛,緊張型頭痛)、坐骨神経痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛、
    肋間神経痛、歯痛、帯状疱疹、パーキンソン病、痺れ(しびれ)、めまい、不眠症、
    脳卒中後遺症、しゃっくり、乗物酔い
  • 眼科系疾患
    眼精疲労(疲れ目,かすみ目)、仮性近視、ドライアイ
  • 免疫系疾患
    花粉症、アレルギー性疾患、蕁麻疹(じんましん)、湿疹、アトピー性皮膚炎、慢性疲労症候群
  • 交通事故後遺症
    むち打ち(鞭打ち)、首・肩の痛み、しびれ、不快感などの交通事故後遺症
    (保険の取り扱いに関しては保険会社の人身事故担当者に相談してください。)
  • 鍼灸Q&A

Q1 鍼って痛くないですか?

鍼と言うと“縫い針や注射針”のイメージが浮かぶひとが多いようですが、実は鍼灸療法用のはりは毛髮ほど細く、しなやかで、ほとんど無痛です。
はりだからと言って、注射針のような痛みを感じることは絶対ありません。

Q2 肝炎やエイズに感染する心配は?

ございません。
当院は患者別の専用鍼を使用しており、施術後に消毒を徹底しています。また、定期的に鍼を交換しております。従って、感染症などの心配は全くなく安全です。

Q3 鍼灸は初めてなので、ちょっと不安なのですが・・・?

はりに慣れていない方や、はりに対して恐怖感をお持ちの方に接触鍼(刺さないはり)施術を行っています。初めての方でも安心です。

Q4 鍼の副作用はありますか?

鍼による“副作用”はありません。
ただし、場合によって、鍼に対する感受性の関係によって、体が一時的にだるくなったり、立ちくらみ等の様々な症状が出て来ることがあります。これはメゲン反応また好転反応と言います。
これは異常なものではなく、体が元の健康状態に戻ろうとする正常な反応ですので、通常2~3日で落ち着き、心配はいりません。

Q5 お灸は熱くないですか?

お灸は大きく有痕灸(ゆうこんきゅう)と無痕灸(むこんきゅう)に分けられます。
有痕灸は、皮膚のツボの上に直接灸を置いて施灸する方法です。
無痕灸は知熱灸、温灸、隔物灸、薬物灸などがあります。
当院では、お灸はあとの残らない温灸や隔物灸、知熱灸等の心地良い施術を行っております。

Q6 施術頻度及び回数はどれぐらいですか?

急性期での施術は短期間で軽減するのですが、慢性になると気長に続けなければなりません。
病気や症状の輕重にもよりますが、初めのうちは週に2~3回のペースで施術することをおすすめします。
施術を重ねるにつれ、徐徐にご自身の治癒力が高まり、体が整って来ますので、その後の施術期間をあけて、定期的に体のお手当てをしていくことになります。

Q7 来院の時はどんな服装が良いですか?

基本的には普段着(楽な格好で)お越し下さい。
施術内容によりますが、服装はそのままで少し緩めていただいたり、めくっていただいたりする場合もあります。
ベッドにバスタオルが用意してありますので、腰や背部のとき使っていただきます




当ホームページに記載されている治療の効果は、当院の長年の経験のもとに記載しておりますが、効果には個人差があることをご理解ください