人間の身体に大切な亜鉛


亜鉛は体内で合成されないので、食品からとらなければならない。

簡単にいえば、亜鉛を含む食品をとればよいのだが、現代は土壌中のミネラルが少なくなった土地が多く、

その地で育ったもののミネラルも減少してしまっている。
ただでさえ、少なくなっている亜鉛。効率よく摂取するためには、どうしたらいいのだろうか?
⏺偏食をやめること

ファーストフード
インスタント食品やファーストフードなど、手軽なものばかりを食べるのをやめること。若い世代に味覚障害が増えているのは、

偏食がかなり影響している。これでは亜鉛はなかなかとれない。
⏺加工食品に注意

ほとんどの加工食品に含まれているポリリン酸ナトリウムなどの食品添加物は亜鉛を体内から排出してしまうはたらきがあり、

フィチン酸という天然物質は、亜鉛を吸収しにくくする作用がある。
●ポリリン酸ナトリウム
弾力を増し、変色防止や舌触りをよくするために添加するもの。かまぼこや清涼飲料水などに含まれる。

●フィチン酸
変色・変質を防止し、色をよくするためなどに添加するもの。つけものやパン、しょうゆなどに含まれる。

アルコールはほどほどにアルコールを分解するのにたくさんの亜鉛が使われる。

また、亜鉛が不足しているとアルコールを分解する酵素のはたらきが鈍くなるため、お酒好きな人はとくに亜鉛をとるよう心がけて。

厚生労働省では、1日の摂取量を成人男性は12mg、成人女性は9mgと発表している。でも、普段の日本人の食事では7~9mgしかとれていないそう。

1日の目標の半分しか摂取できていないのです。
🔴亜鉛を多く含む食品・食べ物

亜鉛は、魚介類、肉類、海藻、野菜、豆類、種実類に多く含まれます。 特にカキ(牡蠣/養殖/水煮)には100gあたり18.3mgと多く含まれるほか、

うなぎの蒲焼100g(1串)には2.7mg、豚・肝臓生100gあたり6.9mgと魚介類や肉類に亜鉛が多く含まれています。

参考文献:

ヘルシー

ヘルシー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です